diet diary  心も体も健康に生きるために       ~僕は定時で帰ります~

身体を守るのは自分自身。ダイエットで健康を手にするまでを書いています。仕事などのストレスもダイエットの敵になるものです。一部仕事に関わることも載せています。

時間管理

ダイエットの時に気を付けないといけないのは

時間管理

順番に行く前に、なぜ時間なのか?

身体は、24時間営業しています。

忙しい時、暇なとき、休めるときと体にも時間があります。

身体が起きて集中できる時間は13時間といいます。

力を思う存分発揮するために、自分が過ごす時間をきちんと管理しないといけません。

大きく分けて

睡眠時間

食事摂取時間

移動時間(歩行、車)

仕事の時間

余暇の時間

入浴時間

このくらいでしょうか。

睡眠時間は自律神経の安定の為、不安定だと無呼吸症候群や、浅い睡眠になったり

自律神経を休めることができません。一定の睡眠時間を確保すること

起床時間は6時くらいがよいです。

朝食7時

昼食12時

夕食17~21時

21時以降は食さない

メニューは定期的に決めています。

朝食 バナナとヨーグルト

昼食 コンビニの簡単なスパサラダと牛乳

夕食 これはすごい量です。

水分は一日1.5リットル~2リットル

外食は基本的に週に一回程度

塩分、炭水化物、たんぱく等の量を決めます。

目安は腎臓病程度

例えば、塩分なら一日6グラム程度

これは実は味を薄くすることで、食事の消化と吸収に響いてきます。

タンパク質は植物性のものを多くとります。

食事のこつは、腹七分目。少し、足りないかな~位がちょうどよいです。

そして、ゆっくり噛んで食べること、咀嚼です。

ドレッシングや嗜好品の量を減らしていきましょう。

甘さははちみつで十分です。

ダイエットで大事なものは栄養は腐るほどとってよい。我慢はしない

食べる時間を定期的にすることで、消化と吸収がよくなることで

血液の状態が非常に流れやすくなります。

お米やパンは少なくするために、器を小さくすること

仕事中の水分補給は、緑茶がよいです。

体内の水分に機能性食品を取り入れることで、栄養分の消化吸収が断然よくなります。

移動時間は短時間に努めるようにすること。

無駄に車や移動しないように、無駄な体力の消費をしないことは、

筋肉の運動を進めているからです。